オリジナルレディースウエアの制作と販売をしているクードルクードルのブログです
建具の塗装
先日「IGスタイルハウス」さんのコーディネータさんのブログ
私のブログを紹介していただきました^^
そんなわけで、参考までに、
これから家を建てようと思っている方へ、
まだ紹介していなかった建具の紹介をしたいと思います。
どんな建具にするか・・・悩みどころでした。
igさんでは無垢のドアを色々選べたので、
クラシックな感じの框(かまち)ドアを希望しました。
框のデザインは既存のものをちょっとアレンジしてもらって
好きなガラスを入れてもらったりしました。
塗装の色は温かみのあるバニラ色と子供部屋にはブルーグレーを選んで、
現場で塗装屋さんに色だしを何回かしてもらって、
納得のいく色になりました。感謝感謝。
材木はお値打ちな「杉」で、節があります。
パインだと節はなくなりますが、塗装するにはもったいない感じでした・・・


大工さんの造作の棚の扉は小さい面積なので、
節のない、ちょっといい木を使って、
塗装も同じバニラ色でも木目を見せるようにあえて
塗ってからふき取って仕上げています。つまみは白の陶器製。
下駄箱の扉はしみこむタイプの自然塗料(リボス)
を使って濃い茶色に。杉の木目がいい感じでお気に入りです。
この色は洗面の扉やパソコンコーナーの棚の色だったり、
さりげなく全体の引き締めカラーになっていてお気に入りです。
コーディネーターの古川さんのセンスの良さに感謝感謝^^
子供部屋のちょっとレトロなブルーグレー。
こちらもかなりお気に入りですラブ

ただ、無垢材を使って組み立てているので乾燥や湿気で膨らんだり、
縮んだりして、開け閉めがしにくくなったりする事があるそうですが、
今のところそのような症状はないです。
四季を一巡すると落ち着くそうです。

余談ですが・・・
パリのアパートのドアも開け閉めしにくいドアばっかりでした・・・
玄関のドアだってしかり!
鍵の開閉にはちょっとした「コツ」がいるんです。
ドアを持ち上げながら鍵を回す‥等
それぞれのドアに個性があるわけです^^’
全然苦じゃなかったですけどモグモグ
同居人が閉めた時に鍵が中で折れてしまったことがあって、
その後色々大変で、その時ばかりはさすがにゆがんだドアにウンザリでした・・・

後の話によると家がゆがんでいたらしいです。
築100年は経っていそうな古いアパルトマンの7階の部屋でした。
因みにエレベーターはついていませんでしたよてれちゃう
家づくりのこと comments(4) -
<< | 3/27 | >>